×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

STAGE57
トーマス・クルツ専用ゲルググキャノン


 ゲルググの背部にビームキャノンパックを
装備した機体。グラナダ基地へ転属し、
エース部隊キマイラに配属された際の、
トーマス・クルツ最後の乗機。
ベースはカスタム9のゲルググキャノンです。

頭部はいつものモノアイの可動工作をして
います。
後ろ
ビームキャノンパックは動力パイプをパイプ
スプリングに変更、バーニア部は開口した後
丸モールドを中に埋め込んでいます。
サーベルラックはモビルパイプを2つくっつけた
ものを接着して製作。またビームキャノンも
砲身が可動するように改造しています。

腕の3連ミサイルランチャーは砲口を開口
しています。
肩側面のディテールは、47のゲルググの
肩のディテールを移植しています。

ビームキャノン分解図

キャノンは砲口を開口、動力パイプの根元は
オギジーさん提案の輪切りにしたカスタムの
バーニア部を移植(一番上の画像が分かり
やすいかと)、キャノンを囲う部分は側面と
スラスターっぽい部分以外をプラ板から製作、
先に挙げた部分はもとのものを切り取って
接着しています。キャノンを可動化させるため
接続用の軸は長いものを移植しています。
ほんの些細な事ですけど、もとのままだと
赤く囲った部分だけがどれも斜めになってた
ので、直角になるようにプラ板を貼り削って
成形。
右腕に回転軸を仕込んだので、ミサイル
ランチャーをこの様に構えたりも。
ビームナギナタはカスタム10のシャア
ゲルググのものを2つ使用。
 
ビームキャノンはこの程度可動します。
塗装は黄色っぽい色はタン+ホワイト、
緑はグリーンFS34092+ライトグレー、
グレーはニュートラルグレー、オレンジです。

STAGE56へ  SDFCギャラリー一覧  STAGE58へ

TOPへ戻る    掲示板へ