×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

STAGE45
M1アストレイシュライク装備型

 

Mアストレイのバックパックに
空中行動の補助となるユニット、
シュライクを搭載した機体。
これにより航行時間も大幅に延長
されている。
ベースはステージ43の
Mアストレイです。

頭部は首の軸を少し後ろに下げています。
実物は羽根が付いてるのが分かるんですが
撮ったものだとあんまり分からないですね。
足の間には、スタンドを差し込む穴を
設けてます。
後ろ
今回のメイン、シュライクは本体を
5mmプラ棒。へタレ防止に穴を
開け、中にポリランナーを通してます。
中央部は角バーニア中央にプラ板を
貼り付け、両脇の羽根は、1mmプラ板に
35のガンペリーのローター部を半分に
して接着。接続部の赤い部分はポリパテで
整形し、真鍮線で本体に接続。
シュライク自体も真鍮線で繋げてあり
外して普通のM1にも出来ます。

右腕は真鍮線を仕込み、腕がハの字に
なるようにしてます。
左腕は特に可動化はせず、ハの字型に
なるよう再接着したのみです。
飛行シーンイメージ。ちなみに
羽根をこの角度にした時は
さすがに立てません。
羽根を180度回転させ、なんとなく
スーパーロボット風。ロウがこれを
もらってたら、ローターから竜巻でも
起こしてたかも。
ムラサメと。ムラサメの出来がいいので
弄りたいと思うんですが、
バルトフェルド専用機の発売が決定
しましたし…
22話「蒼天の剣」の多分有名な
シーンの直前。
この後インパルスが一瞬ストライクに。
塗装は基本的にM1アストレイ用の
ガンダムカラーに
薄いグレーはニュートラルグレー+
レッド少量です。
 

STAGE44へ  SDFCギャラリー一覧  STAGE46へ

TOPへ戻る    掲示板へ