×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

STAGE54
スローターダガー

 

ファントムペインが保有するダガーの
改良機。ダガーにマイナーチェンジを
加え、若干の機能向上を図った
カスタム機。同時に機体色も黒系統の
専用カラーに塗装されている。
STARGAZERに登場した機体は
大気圏内飛行用に改良強化された
エールストライカーを装備している。
他のストライカーパックも装備可能。
「スローター」とは「虐殺」、「殺戮」、
または「屠殺」等の意。ベースは
kouさんが、カスタム1のガンバレル
ダガーから作り、その場のノリで頂いた
ダガーです。

以下赤文字はkouさんによる解説です。
掲示板へ

頭はデコを延長し、メインカメラは一旦
切り飛ばして中身を刳り貫いて再接着。
胴体は上下に分割して足をボールジョイントに。足は靴底で1mm延長し、アンクル部分を
削り出し。なんか細かくいじった気もしますが
記憶喪失。
後ろ
エールストライカーは、上半分を58の
ストライクルージュのものを。下半分と
サーベルはカスタム1のストライクを使用。

腕は肩の形状を少々修正し、二の腕の
位置を少し内側に変更した程度。
肩のダクトは切り取りマテリアルの
角バーニアに変更。腕のマイナスモールドが死んでたので、そこもマイナスモールドを。
プラモの解説ではビームライフルな52mm
機関砲ポッドは、ストライクダガーの
ライフルと、ガンバレルダガーのライフルを
組み合わせて製作。また銃身部に
穴が開いてなかったので両面とも開口。
てかガンバレルダガーの謎のショボイ
ライフルは、ディテール的に52mm
機関砲ポッドだった模様。
左腕に開口されてるので、シールドや
パンツァーアイゼンも装備可。シールドは
45のストライクダガーを使用。除き穴も
開口してあります。
腰のサーベルは、受けをマイナスモールドを
丸棒で削り、サーベルは、グリップエンドと
発生部をカスタム4のダークダガーLから、
後はモビルパイプと2mm丸プラ棒から。
足の裏。元張られていたプラ板に穴を空け、
バーニア部はモビルパイプの輪切りを接着。
土踏まず?の部分はデスティニーと同様に、
ポリパテにて製作。バーニアに場所とられて
他のディテールが再現出来ず、
デスティニーに比べると明らかに
ショボイです。まぁ何も無いよりマシ程度。
ストライカー非装備状態後ろ。
ダークダガーLと同じく、ストライカー
接続部は、ネオウィンダムのものを
流用してます。
せっかくなのでと、ストライクダガーの
ビームライフルも、持ち替える事が
出来るように製作。
 
ネオウィンダムの背中を流用してるので
ドッペルホルン等を装備する事も可能です。
ただ重いのでスタンド必須。
塗装は、頭部の黒を
ミッドナイトブルー+ホワイト(8:2くらい)
胸部など大部分の黒を
ミッドナイトブルー+ホワイト(9:1くらい)
赤い部分を
レッド+ブラック+ブルー(9:1:極々少量)
口やストライカーのグレーを
ミッドナイトブルー+ホワイト(7:3くらい)
頭部カメラはスカイブルー、
黄色はイエロー1、ストライカーは
ミッドナイトブルーを使用。
ダークダガーLが、スローターダガーの
塗装レシピを参考にしたので、ほとんど
同じです。
ダークダガーよりはまだ色の違いが
分かる・・・かと。

感想を掲示板に頂けると嬉しいです。

STAGE53へ  SDFCギャラリー一覧  STAGE55へ

TOPへ戻る   掲示板へ