×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

STAGE38
にせガンダムMk−II

STAGE37へ  SDFCギャラリー一覧  STAGE39へ

TOPへ戻る    掲示板へ

 

にせガンダムの友達として
ハイザックから改造されたがホントの
ガンダムになると言って脱走。
その後GARMSの話で訓練が
嫌になって脱走した本物のMk−IIと
コンビを組み
ザタリオンの戦士
マスクコマンダーに。
ベースはステージ49の
ハイザックです。


頭部は48のMk−IIを使い
モノアイ可動式に。
こうする方が楽そうなので。
ひさしも鋭角でかっこ良いので平らに。
胴体はハイザックで前垂れは
Mk−IIのものを移植。
後ろ
バックパックはサーベルラックをMk−IIから
移植。右のラックのサーベルは
1mmプラ板から。
後頭部は資料が無かったので
そのままです。
後日見る事が出来たのですがMk−IIとも
ハイザックともつかないバックパックでした。
肩は左右共にハイザックの左肩を
使用。両端のパーツはMk−IIから。
腕部はMk−IIのものに
ハイザックの腕のディテールを
貼り付けてます。
脚はガンダムっぽくカバー?をパテで成型。
脚は短かったので1mmプラ板で延長。

少しだけですがモノアイ可動します。小窓から覗く事も出来ますが
モノアイの塗装が剥げるので
左右共にモノアイガード手前までです。
しかし初のモノアイ可動ものが
にせガンダムなのが自分らしい
というか何と言うか・・・

頭部分解状況
マスクを別パーツ化するような容量で
顔をくり抜き、頭側が凹で首の軸が
長いのを利用して可動化させてます。
同じ要領でゲイツも可動化は
楽そうです。

塗装前
ほとんどハイザックとMk−IIの
ツギハギです。ちなみに本来頭部は
耳にあたる部分がありません。
塗装はHGUCのスーパーガンダムの
ガンダムカラーです。

にせガンダム勢揃い!
後はにせガンVですがまずは
にせガンダムのリメイクかな。


STAGE37へ  SDFCギャラリー一覧  STAGE39へ

TOPへ戻る    掲示板へ