×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

STAGE35
シュツルム・ディアス

 

リック・ディアスの強化型で
ランダム・バインダーをメガ粒子砲が
内蔵されたグライ・バインダーに
換装した機体。
AE社が開発したが政治的
裏取引でネオ・ジオンに数機が
謙譲。ベースはステージ47の
リック・ディアスです。


横から見た方が分かりますが頭部の
ひさしをプラ板で製作しています。
納得いってないのですが瞬着で
カメラアイが真っ白になるのが
嫌なのでこのままに。
この為に頭2個も使用。
また頭頂部も開口しています。
後ろ
特徴的なグライ・バインダーは
キーホルダーのZの系譜の
シュツルム・ディアスのものを
流用しています。またバックパックも
少し改造しています。
クレイバズーカは薄いとは感じた
ものの下手に弄って取り返しが
つかなくなるのも嫌なので
そのままです。
設定では持ってないみたいです。
左肩は胴側の軸の位置を修正し
肩のでっぱりと二の腕をパテで
成型、拳は余ってたゲルググMの
ものを使ってます。
 

斜め前等から見た方がなんとなく
かっこいいので撮影。ちなみに
首が右にも動く様に胴の両脇にある
バンドの様な部分を切り取ってます。

塗装は主にリック・ディアスの
ガンダムカラーを使用しています。
実は配色が違うんですね、これって。


STAGE34へ  SDFCギャラリー一覧  STAGE36へ

TOPへ戻る    掲示板へ